ロボット・プログラミング教室


掛川





夢中になるから
吸収力が凄い!
子どもたちが好きなことに夢中になった時の
その吸収力には大人も大変驚かされます。
そんな夢中になる教材が「ロボット」。
ロボットを使ったプログラミングを通して、
「論理的思考力」「問題解決能力」「創造力」
を飛躍的に伸ばしていくのが
ロボット・プログラミング教室の最大の狙いです。



プログラミングとはなにか?



コンピューターを動かす魔法の技術

「プログラミング」とは、コンピューターを操るために必要な「プログラム」を書くこと。

日本人には日本語があるように、コンピューターにはコンピューターにしかわからない「プログラミング言語」があります。 このプログラミング言語を使ってパソコンで書いたプログラムを、コンピューターに与える事で、様々なものが魔法のように動き出します。

プログラムはあらゆるところで活用されている

プログラムは現代社会にとって、身の回りのあらゆるところに活きています。 パソコンを始め、スマートフォン、さらには電子楽器や家電、自動車など、気づかないところにも実はコンピューターが内蔵されおり、その中でプログラムが動作しています。

プログラミング教育のメリット



いま、「子どもにさせたい習い事」第1位(イーラーニング研究所調べ)となっているプログラミング教室。 注目されている理由は「アクティブ・ラーニング」という学習法にあります。

1.能動的な能力の発達

アクティブ・ラーニングとは

従来の学校教育である受け身の受動的な学習とは対象的に、 自ら考えて行動する能動的な学習方法の事を「アクティブ・ラーニング」と呼びます。 学校のテストでは、決まった一つの解答を記入しないといけませんが、 アクティブ・ラーニングでは答えはそもそも用意されていません。

プログラミングは失敗の繰り返し

プログラミングの作業とは、「トライ&エラー」の繰り返し。 作ったプログラムが最初から狙い通りに動作することはほとんどありません。 うまくいくためには試行錯誤を繰り返し、時には協力しながら、自分で解決方法を考えなくてはなりません。 そしてその解決方法は一つでは無く、様々なアプローチ方法が存在します。

このトライ&エラーの過程の中で、「論理的思考力」「課題解決能力」「創造力」を飛躍的に養っていく事が、 プログラミング教室のアクティブラーニングです。

2.ものづくりの面白さを知る

よく教室の体験に訪れる保護者の方からは、子どもたちが「(携帯/TV)ゲームばっかりやって・・・」という声を聞きます。 ゲームとは既にプログラムされた内容に沿って、決まったルールの中で遊びますが、そのゲームの作り手側の面白さというのがあります。

プログラミングを学ぶことで、ロボットをはじめ、様々なものを動かすことができるようになると、 自ら新しいものを作り出そうと創造力を発揮する面白さを実体験とすることが出来ます。

3.選択肢を飛躍的に広げる

高度に情報化された現代においては、様々な情報ツールが存在します。 その存在を知っているだけでも、それ自体が自らの大きな力となり、 自分に何が出来るのか、その幅を飛躍的に高めることになります。

プログラミング教室は将来のプログラマーを育成すること自体が目的ではなく、プログラマーも選択肢の一つに過ぎません。 将来、教室を通して得た思考方法や、技術を使い、様々な課題にアプローチすることで、 新しい価値を創造する人材に育って欲しいというのが、教室としての大きな願いです。

楽しく学べるプログラミング


「ロボット」が楽しい!

プログラミングの作業は、ひたすらパソコンで文字を入力するという地味な作業です。 そのため、習い始めの頃はなかなかモチベーションが続かないという事も出てきます。

だからこそ「楽しい」プログラミング教室でなくてはなりません。 そこで、当教室は「ロボット」を教材として使用する事としました。 画面の中だけでなく、リアリティを実感するロボットを使用することで、大人でもワクワクするほど楽しい教室です。


マサチューセッツ工科大学ラボ製の学習環境


プログラミングで使用するソフトは、子どもでも簡単に使える「ビジュアル・プログラミング」ソフト。 MITラボが子ども向け学習ソフトとして開発した「Scratch」を、カスタマイズした専用のソフトです。

殆どの操作はマウスを使用し、キーボードはごくわずかしか使いません。 直感的な操作が出来ることから、まったくパソコンが初心者のお子様でも直ぐに慣れる事ができます。

また、「ビジュアル・プログラミング」は教育として開発された環境ですが、発展していくとスマートフォンのアプリを作ることも可能です。 さらに、いよいよビジュアル・プログラミングでは出来ることに限界を感じた時に、テキスト・プログラミングに挑戦を考えるようになります。

授業内容

基礎と応用の繰り返し



授業の進め方として、月2回の内、1回目を「基礎」、2回目を「応用」として進めていきます。 応用の授業では、幾つかの「ミッション」が与えられ、ロボットの組み立てからプログラムの内容まで、ミッションが達成出来るように全部自分で考えなくてはなりません。 この繰り返しによって、論理的思考力と創造性を身に付けていきます。

カリキュラム



上記は、ほんの一例です。毎月きまったテーマに沿って進め、3ヶ月程度で1レベルずつアップしていきます。 また、2年目、3年目と使用されるパーツも増えていき、より複雑で難易度の高いプログラミングに挑戦していきます。

よくある質問

Q. パソコンの操作は初めてですが大丈夫ですか?

大丈夫です。殆どがマウスによる直感的な操作であるため、すぐにお使いいただけます。

Q. 入会の対象は何歳からですか?

目安は8歳(3年生)からですが、8 歳未満のお子様も保護者様とご一緒でしたら体験をお受けいただくことが可能です。その上で、授業についていけるかご判断頂けたらと思います。

Q. 小学校高学年や中学生でも満足できるものですか?

できます。大人でも楽しい内容です。複雑なプログラムの作成にも挑戦できますので小学校高学年や中学生であればより独創的なロボットが作れます。

Q. パソコンの購入は必要ですか?

必要ございません。教室で用意させていただいているパソコンを使用します。また、自宅にパソコンをお持ちの場合は、自宅でも復習することが可能です。

使用するパソコンについて

安心してご利用いただけるよう、下記のソフトがインストールされています。

ウィルス対策ソフト
有害サイトブロックフィルター
ブルーライト削減フィルター

教室概要

コース ロボット・プログラミング
対象年齢 小学生(目安:8才以上)
月謝 9,300円/月(税別)
お試し2ヶ月6,500円(30%OFF)
※音楽教室の生徒様は別途特別割引
入会金 3,250円(税込)
※音楽教室の生徒様は無料
※ご兄弟二人目以降は無料
管理費 500円/月 (税別)
教材費 1年目:20,000円(税別)/2年目以降別途
2年分一括:35,000円(税別)
レッスン形式 少人数制グループ
受講時間 1回90分程度
年間回数 年間24回(月2回)
曜日 水曜日放課後コース
金曜日放課後コース
日曜日コース(午前クラス)

アーテックについて

株式会社アーテックは学校教材の大手老舗専門メーカー。「アーテック・エジソンアカデミー」は、アーテックのブロック教材と、オリジナルのカリキュラムで学ぶ、ロボットプログラミング教室FCです。 2015年春から事業スタートで、現在約500 教室が加盟し、日本最大のプログラミング教室となっております。

イベント案内

夏休み自由研究・短期集中講座

夏休み自由研究・短期集中講座

※第1期の日程が変更になりましたので、ご注意下さい。(7/24→31)


夏休みの自由研究にお悩みならば、ぜひロボットプログラミングに挑戦しよう!全4回の講座で、プログラミングの基礎を身につけます。教材は買い取りなので、実際に自宅のパソコンでオリジナルロボットの制作に挑んで頂けます。

夏休み親子体験教室(袋井)

夏休み親子体験教室

これまで掛川で開いていた親子体験教室が、袋井にも進出!袋井でプログラミング教室に通いたいと思っていた皆様、是非この機会に体験へお申し込み下さい。

まずは体験してみてください


まはたお電話0800-805-1568まで
※8才以上なら、お子様だけでも体験をお受けいただくことは可能ですが、出来る限り親子でご参加下さい。